MENU

小さな一歩一歩の
積み重ねが、一人前の
生産技術者への道。

自動車部品部 生産技術1G

岩瀬健人2016年入社

コミュニケーションが大切な、
生産ラインを設計するという仕事

私は、自動車部品部の「生産技術」というグループに所属しています。
生産技術の仕事は主に、自動車部品を作るための生産ラインを新しく立ち上げるための計画を策定したり、今ある生産ラインの効率を高めるために改良を加えたりすることです。
全ての部品は、私達が設計したラインから生まれるため、設計の良し悪しが生産効率を大きく左右することもあります。責任のある大切な仕事です。
新規で生産ラインを設計するときは、まず新しく製造する自動車部品の図面のチェックからスタート。
どのような工程で進めて、どのような機器を導入するべきかベテランの先輩や、機器メーカーの方、そして実際に現場に立つ部署の社員とも何度も打ち合わせを重ねて計画を練り上げていきます。
多くの試行錯誤を繰り返して無事生産ラインが動き出した時の達成感は格別です!
しかし、生産ラインを立ち上げただけで私達の仕事は終わりではありません。
当初の計画どおりにラインが稼働しているか?問題点はないか?を見つけて無駄のない生産ラインへと向上させていくことも私達の大切な仕事です。
そのためには、他部署とのコミュニケーションは重要です。私は学生の頃から誰とでも仲良くなれる性格だったので、その性格がこの会社で活かせていると思います。

自分が設計したラインで生まれた
自動車部品が世の中で活躍する誇り

生産技術としての一番のやりがいは、なんといっても最終的に無事にラインが稼働して、製品が作られ始めた時です。
さらに、私の部署が扱っている部品は「自動車部品」。
ちょっと大袈裟かもしれませんが、自分が設計した生産ラインから作られた部品が、自動車業界に貢献できていると思うと、家族や友達にも自慢したくなるくらいワクワクします。
入社して3年を過ぎますが、今でも街で走っているクルマを見るたびに誇らしい気持ちになりますよ。
また、生産技術の仕事は「生産ラインの改善や改修」も大切な仕事ですので、設備の不具合の改修や、改善を行った時に、製造の社員の方から感謝されることも多い仕事です。
ときには夜遅くまで工場の中で悪戦苦闘しながら機械の改修を行うときもあります。しかし、現場の製造の方から「ありがとう!」と声を頂いたときには、疲れも苦労も一瞬で吹き飛んでしまうほどやりがいを感じる瞬間です。

技術力と経験を
ひとつひとつ積み重ねて、
一人前の生産技術者へ成長したい

生産技術の仕事は、専門的な知識と経験が重要な仕事です。
そのため、自分は入社して3年がたっていますが、まだ一人でラインの立ち上げを一から行ったことはありません。いつも先輩達にサポートして頂きながら、ひとつひとつ仕事を覚え、経験を積み重ねており、まだまだ力量不足だな〜と実感する場面に多々遭遇します。

今の目標は、一日も早く先輩達に安心して仕事を任せて頂けるようになること。
そのためには、今担当している生産ラインが立ち上がり、次のライン立ち上げに携わるときには、確実に前回のプロジェクトで学んだことを活かして、新しいプロジェクトに取り組むことだと思っています。

このような小さな一歩一歩の積み重ねが、将来自分が目指す一人前の生産技術者への道だと思っています。