鋳鉄・アルミ事業

多種多様な高精度製品をご提供し、
広範囲な産業分野をサポート

安定した品質で大量生産できる鋳造ラインを確立し、自動車部品、水道部品、家電部品、建築部品、
幅広い産業の素形材を手掛けています。

製品紹介

品名 月産数量
自動車部品
  • スワッシュプレート
  • ラグプレート
  • エンジンブラケット
  • デフキャップ
  • ウエイトバランサ
  • チェンジカム
250万個
家電部品
  • クランクシャフト
15万本
水道部品
  • 異形管継手
  • 特殊押輪
  • 継ぎ手
1.5万個
建築部品
  • 鉄筋継手
1.5万本

設備紹介

世界最速造型機による付加価値の高い鋳造部品を安定供給
設備一覧
ガス絶縁受変電設備 1式
ディサマティック自動造型機 1ライン
ショットブラスト装置 3ライン
高周波誘導炉6トン 2基
鋳物砂混練機 1基
品質設備一覧
QCレコーダー 1台
万能試験機(30t) 1台
ブリネル硬度計 1台
ビッカース硬度計 1台
砂試験機 1式
金属顕微鏡 1台
画像解析装置 1台
発光分光分析装置 2台
超音波探傷機 1台
デジタルマイクロスコープ 1台
3D CAD 1台
内視鏡検査装置 1台

コア技術

強度や耐摩耗性など高度な要求にオーダーメイド感覚の作り込みでお応えします。
  • 高硬度鋳物に特化した鋳造技術
  • 材料配合、温度管理の徹底により、組織・機械的性質を安定させる
  • 切削性の良い焼入可能な組織形成
設備紹介取扱材質
FC 200~300
FCD 450~700

製品ができるまで ~鋳造工程のご紹介~

STEP 1
仕様打合せ
顧客ニーズを基にした高品質、高精度の製品設計
STEP 2
金型設計
CAD/3D CADを用いた各種シミュレーション
STEP 3
造型
付加価値の高い鋳物を安定供給
STEP 4
検査
・目で見える不良ゼロを実現した画像検知器
・内視鏡を用いた内部検査
STEP 5
出荷

鋳造”新”技術の紹介

IHヒーター仕様による金型加熱時間短縮とCO2削減
引用:一般社団法人日本エレクトロヒートセンター
引用:一般社団法人日本エレクトロヒートセンター
特徴 IHヒーターを使用することにより、金型を目標の温度まで効率よく加熱できる

ご相談・お問い合わせはこちら

  • 0566-43-0080
  • お問い合わせフォーム